18才未満の方は閲覧・利用をお断りしています。大阪の性感マッサージセラピスト・後藤健の私的HP。秘密厳守で安心して利用できる女性の為の心と身体の相談所。

デバイスボンテージとは装置を使用した拘束プレイです。
日本ではアイアンクリムゾンというデバイスボンテージを扱ったAVの影響で、鉄パイプを組み合わせた拘束装置を用いた拘束プレイとして広く認知されていますが、それ以外の鉄製、木製の拘束装置でのプレイもデバイスボンテージ(Device Bondage)にカテゴライズされています。

装置(デバイス)+拘束(ボンテージ)

その名の通り、その絶対的な拘束力によって卑猥な体位で身動き出来ず拘束されてしまう非常に陵辱的なプレイなのです。

デバイスボンテージの淫靡な世界は日本だと、アイアンクリムゾンというタイトルのAVで視聴する事ができます。シリーズが進むたびに鉄パイプでの拘束以外の装置の登場も増えてきました。

※「アイアンクリムゾン」は、日本のAVメーカー[ダスッ!]がリリースしている拘束SMプレイのAVです。
(右の画像をクリックするとリンク先に無料サンプル動画がありますので、一度どのようなプレイなのかご自身の目でご確認ください^^)

デバイスボンテージの内容

デバイスボンテージをどういうものか定義するのは難しいですが、一般的には床や壁に鉄パイプ等の拘束具を設置し女性を卑猥な体位で完全拘束する陵辱プレイになるのかなと思います。

その行為の中でどこにリビドーを感じるかは人それぞれですが、プレイ動画などを視聴していると、M女性を鉄パイプ等を使った拘束で手足を動かないように固定し、電マなどで執拗にハード目の調教するといった内容が多いです。

個人的には全裸の女性がまるで標本のように脚を広げられ拘束されてる姿に美しさやエロさを感じるので淫靡な羞恥SMプレイと捉えていますが少数派では無いかなと思います。

鉄パイプ以外を使用した拘束SMプレイ装置は難易度が高いので当サイトでは、「鉄パイプでの拘束具」を取り扱っていきたいと思います。(ゆくゆくは色んなものに挑戦してみたいですが)

拘束ポーズは鉄パイプの拘束具の配置や組み合わせによって様々なバリエーションを持たせる事ができます。

バリエーション例)
マングリ返し拘束
仰向け大股開き拘束
俯せお尻突き出し牝豹ポーズ拘束
お尻突き出しポーズ拘束

壁の拘束具のバリエーション例)
垂直方向での大股開き拘束
垂直方向でのマングリ返し拘束

アイデア次第で様々な卑猥な拘束ポーズを愉しむことができます。

 

作る前からわかっていたのですが、装置を置くスペースがかなり必要(汗)で、お金がとてもかかります…(滝汗)
それもあってかネット等でも自作している人をほぼ見かけないので、僕はSM的なものへの素養があまりないのですが、自宅の一室をリフォームするついでにせっかくだから作ってみようかな?と思ったので制作しようかなと思いました(笑)