18才未満の方は閲覧・利用をお断りしています。大阪の性感マッサージセラピスト・後藤健の私的HP。秘密厳守で安心して利用できる女性の為の心と身体の相談所。

「女性向けの性感マッサージは違法ではないの?」とか「無料の性感は合法なの?」は実際どうなんでしょうか。またそれを安全とする根拠や女性が利用する際の判断材料なんかに関する雑記です。

有料の場合、性風俗関連特殊営業の届け出が必要

風俗営業法「風俗営業等の規制及び業務の適正化等に関する法律」は風俗の営業に対しての法律です。
都道府県ごとに「風俗営業等の規制及び業務の適正化等に関する法律施行条例」なんかもありますので届け出を出した業者は法律・条例を順守し営業しないといけません。
その中で定められている営業形態の一つに性風俗関連特殊営業というのがあるのですが、有料であれば性感マッサージは絶対に性風俗特殊営業の届け出を出さないといけません。

性風俗関連特殊営業を無届出で営業した場合は違法になりますが、完全に無届出という事で取り締まりの対象になるのは、「その人との間に金銭の受理があるのかどうか」です。有料の性感マッサージで無届は取り締まられます。なお、無料の性感マッサージは今後、社会問題として問題になってきた場合、無料でやっていても見せしめで摘発される事はあるのではないかなと思っています。女性とのトラブルが無い限りはいきなり逮捕や摘発という事は無いと思いますが、逮捕や摘発に関しては警察の判断で行うことが出来ます。その後、違法か合法かの判断は裁判所で裁判によって判断される事になりますので世の中の見解がそうだからと言って逮捕や摘発をされないという根拠にはならないので提供者はそうなるかもしれないとある程度覚悟して提供していると思います。

ただ「店舗名(屋号)」を表示し、お店として運営している場合は、店というものは、そもそも一般的に商業的な活動(商売)を行うための建物や商品やサービスを提供する場所を差すので、そういった社会通念上の観点からみると「お店は商業的な活動をしている」と見なせなくもないので絶対に営業という形態ではないとも言えないような気もしますが‥。

ちなみにこの法律は性風俗関連特殊営業の範疇を「異性を相手にした性的サービスを行う店」という前提で成立しているため、同性相手の性的サービスを行う店は対象に含まれず、戸籍上の性別が男性であるニューハーフが男性客を取る場合、取締対象とならない場合があるのでそういうお店は届け出を出していない場合もあります。(取締対象とならないとは限りません)

女性の視点で見ると届出店は「本番行為の禁止」「警察が所在を把握している店舗」なので、そのあたりは安心の材料になるのではないかなと思います。

届け出なのか許可なのか?

法律の改正時に性風俗関連特殊営業を許可制にするかどうかの議論がされた時に、性風俗を公安委員会が「許可」するのは適当でないことや、実態として性的なサービスを行っている店を警察が把握しやすい・する事を重視してしたので、届出制になっています。
尚、風俗営業の1~6号営業(キャバレー・クラブ・ホストクラブ、キャバクラ・ダンスホール・マージャン店(雀荘)・パチンコ店・ゲームセンターなど )に関しては許可制になります。
このあたりごっちゃになってる人が多いですが、簡単に書くと、風俗営業の場合は許可書が警察から交付されて、性風俗関連特殊営業の場合は届け出確認書が交付されます

女性にとって性風俗関連特殊営業届出店舗がいいのかどうか?

性風俗関連特殊営業届出店舗かどうか?で女性がその施術で得たいものを得れるかを判断するのであればナンセンスかな?と思いますが、女性の心配や安心できる基準として‥という事であれば‥

本番行為を強要されるリスクが低い

話を聞く限りは「絶対に強要される事は無い」とは言えないですけど、「性風俗関連特殊営業届出店舗」の「本番行為」は処罰の対象になりますので「本番行為を絶対に避けたい方」は性風俗特殊営業の届け出出しているところの方が安全と言えるのではないかと思いますし、そうするべきだと思います。

無店舗型の無料性感マッサージが風適法の対象外かどうかはともかくとして、届け出を出しているお店は風適法の対象となりますので「本番行為」は禁止されています。これらの事を重視するなら「性感マッサージだからそういう事は無いだろうという都合のいい解釈」と「金銭的な事を理由」で不本意な結果になってしまうリスクがある点は十分注意してください。(無料性感マッサージはその点を風適法では縛られていないので、セラピストのそれでも受けてもいいなという気持ちや人間性に委ねられるという事です(同意もなくということであれば他の法律に抵触しますがそれは後の話なので))

ビジネスなので容姿や年齢制限が緩い

ビジネスなのでそれなりの金額で営業しているところは容姿や年齢で断られるリスクは低いでしょう。ただ女性のお話を聞く限りは、新規はともかくとして、ビジネスであったとしても料金が安いところは容姿や年齢などの個人の嗜好をお金でトレードするより好みで断るという事もあるようです。また複数のセラピストがいるようなお店だと、末端まで店の理想を徹底するの難しいと思いますし、予約の対応する人と施術者が違えば微妙なニュアンスは違ってくるもんだとも思いますので、派遣されたセラピストが容姿や年齢で適当な感じになってしまう可能性がないと絶対には言えないと思います。
なので論理的にこれらをサービスの質の問題として捉える場合は、届け出店・料金が高め・個人・副業ではない・40代以上のセラピストがこれらのリスクを軽減できるのではないかと推測します。

サービスの質は女性の自尊心に関する問題でもありますので、女性の満足度にも繋がってくる内容でもありますので継続利用する場合は特に重視すべき点かなと思います。

無料の場合、性風俗関連特殊営業の届け出は必要?

「無料であれば営業に当たらない」と解釈すれば性風俗特殊営業の届け出を出す必要は無いというのが現在の見解の様です。(所轄や人によっても判断は異なると思いますし、その時の世の中の状況にも左右されるので明言はいたしません。)

「無料でやる人はいない」という前提の法律

風適法は「無料でやる人などいない」というのが前提でそういう法律になっているので、無料性感マッサージが増えて、事件が増えてくると新たな法律ができたり取り締まりの対象になるのではないかなと思います。
事件が起きない限りはそういう流れにならないとは思いますが、可能性としてありそうなのは‥
女性が「無料性感マッサージ」ということなので「性感マッサージ」だけを受けに来るという感覚で利用したとしても「無料性感マッサージ」は現在の見解で言うと、風適法の対象外になります。当然、本番行為に関する処罰はありませんのでセラピストがそういう行為をありきと思って行った場合に、「聞いてない」「そんなことされるとは思わなかった」というトラブルが起きる様になると警察も取り締まりの対象にせざるを得なくなるのではないかなと思います。^^;
これに関しては風適法でなくても女性から被害届が出れば、同意を取らずにという事になるので強姦や強制わいせつ的なもので警察のお世話になるでしょうけどね^^;

インターネット異性紹介事業と言えなくもない現状^^;

一応、無料性感マッサージの場合、「ボランティア」になるので、違法行為にならないという見解をしているので風適法的には違法ではないかもしれませんが、条文などを見ているとインターネット異性紹介事業と見なせなくもないので、心配な方はインターネット異性紹介事業の届け出を出しておくほうがいいかもしれないですね。
「異性交際」とは男女の性に着目した交際である事と、有償、無償を問わず、これらのサービスを反復継続して提供しているサイトがインターネット異性紹介事業として定義されているので、一般的な形とは異なりますが自分という「異性を紹介」しているので取り締まられてもおかしくはないでしょうし今後、明記される様な流れにはなるかもしれません。(可能性として示唆しているだけです。)

あー厳密に言えば無料の性感マッサージ師の詳細を明記する形のリンク集なんかはインターネット異性紹介事業といえなくもない形になっているところもありますのでリンク集関連は内容にもよりますけど取り締まられるかもしれないですね^^;

店舗型の性感マッサージ店ってどうなの?

店舗型を利用したいと思う女性の動機として考えられるのは、
「(ホテル代が無い分)料金が安い」「男性と会っているところを見られない」「店舗でやっている(住所が特定されている)ので安心」「店舗としてやってるくらいだから警察から許可されてそうなので安心」というところでしょうか?
上記に記載した様な女性の安心と思う基準からすると単純に店舗型だから安心という事にはならない形態である場合も多々ありますので注視したほうがいいとは思います。

というのは、新規で店舗型の性風俗関連特殊営業の届け出は受理されないので、届け出は出していないお店が多いと推測されるからです。(男女兼用でやってるところだと届け出出してる店の可能性が高いと思われますがなんとも言えませんね^^;)
普通のマッサージを装って店舗と称したマンションで性的な行為を行ったとして逮捕されるケースを除くと、店舗型の性感マッサージ店は近隣住人の苦情から取り締まられるケースがほとんどで、店舗型はこの近隣住人パワーが強烈で摘発率がすごく高いです。なので、利用している時は安心でもその後にリスクが生じやすい形態での営業とも言えなくはなさそうですね。

届け出が受理されている店舗型の性感マッサージ店は比較的安心して利用出来ると思われますが(絶対安心とは言えないかもですが)、そうでない場合はそういう点も考慮して取捨選択される方がいいと思います。(だからといって無店舗型がいいとも思わないですが)

「性風俗関連特殊営業届出店舗」の確認方法

「本番行為を絶対に避けたい女性」は「性風俗関連特殊営業届出店舗」の方が好ましいのですが、稀にそれを詐称する事のリスクを考えず「女性の安心感を得たい為」に届け出済みと偽っている店舗があるようです。

女性が「そのお店届け出済と偽っていないか」を簡単に確認する方法ですが、今は性風俗関連特殊営業の規制の強化に伴い性風俗関連特殊営業を営む者に対しその備付け及び提示を義務付けています。

関係者(建物の賃貸人、不動産業者、広告代理店、客、就職希望者、警察官等)から届出確認書の提示を求められたら場合は、これを提示しなければなりません。(対面でない場合は、コピーで可)

客に対する提示義務があるのですが、料金を受理するまでは見込み客であっても客ではないので、その場合は業者に提示する義務はありません。確認書の悪用防止の観点から考えてもそういう要求に対して開示する業者は少ないのではないかなと思います。(個人的には身元もわからない人に簡単に確認書のコピーを送る業者は危機管理能力的に問題があると思います^^;)

対面で届け出確認書の提示を求める

届出確認書を営業所または事務所に備え付けなければいけない。という要項がありますので、突然提示を希望しても、普通は持ってきていないと思いますので「事前に言っておかない」とお店側も提示する用意はあっても提示できないと思われます。(確認書は一通なので)

なので施術前に「届出確認書」を確認したい方は事前に店舗にその旨を伝えておきましょう。

また、そういうシビアな目で見ると届け出店は(提出時の書類の書き方にもよりますが)女性に対して18才以上の年齢確認方法を記載させられますので書類に記載した年齢確認方法を行わないと業者は年齢確認義務違反になります。なので、シビアなお客様に対しては対面での年齢確認として身分証明書の提示を求められるかもしれません^^;

届出番号をHPに表示する義務はありません。

無店舗型の出張性感マッサージ店の場合は、無届で営業するケースが多い為、届出番号を表示して安心感を得てもらうのが悪いということでもないのですが店舗に届出番号を表示する義務はありません
これは男性向けの無店舗型の風俗店で「届出番号○○○と表示することで顧客に対する信頼感が得たいので表示」している店舗があるので、表示しない=違法じゃないの?と認識している方が多いですね。
まぁ届出番号を表示したところで害がある訳ではないので表示しても構わないとは思いますが、「届出番号を表示しない=違法じゃないの?」というのは誤った認識なので参考までに。もちろん「届出番号無い=胡散臭い」と思うのは個人の自由なのでそれはそれでOKです(笑)

なお紙媒体で届出番号を表示しているのは紙媒体が広告を掲載する際の独自のルールとしてそうしているだけです^^;(無届店舗の有料広告を掲載していない事を解りやすくするためであったり問題にならない為の自衛的処置です)

他のHP上での表示義務に関して言及すると‥厳密に言うと性的な内容のサイトは18才未満の方が閲覧・利用してはいけない旨をサイト上に表示しないと青少年育成条例的にアウトですが、風適法でも表記しないと義務違反になります。後は所轄によっても違うかもしれませんが「(都道府県)公安委員会届け出済」などの表記をTOPページにするように指導されます。

予約前に確認する方法

最初からここまで確認しないと安心できないシビアな方だと提供側も「うるさいお客様」だと思ってご利用を遠慮してもらいたくなるかもしれませんのでお断りされる場合もありますし、僕も正直、そこまでシビアな精神状態で「サービスを楽しめるのか?」どうかはわからないです^^;

確認方法はこんな感じです。
[1]メールで「届け出店かどうか」の言質を取って、
[2]メールで「届け出を出した所轄の警察署」を聞けば、
[3]警察で届け出を出しているかの確認する事は出来ると思います。
事前に確認したい方はご確認の上ご利用するかどうかの判断をされるといいのではないかと思います。
[1]は口頭ではなく記録に残るような形にしたほうが「無届」であった場合、虚偽の届出があったとして取り締まりの対象にすることも可能だと思います。(電話だとその事実が残らないので)
ただ無届でも営業の実態が確認できない場合は取り締まりの対象にはならないので、自分が利用する場合の判断材料にしかならないです。

届け出自体はとても簡単な手続きだけでOKなので‥^^;

届出時の最大の障害は、家主が風俗店の事務所として使用許可してくれるかだけなのでそれがクリアになれば誰でも簡単に届け出を提出できます。これはどんなものでも同じですが(笑)
無店舗型は事務所の場所に関する制限がないので、風俗店の事務所として使用許可してくれる部屋を借りる。もしくは事務所を自分が所有している物件(分譲マンションや戸建住宅)にすればいいだけなので簡単な届け出です。
人的基準(欠格事由)などもない簡単な届け出ではありますが、風俗営業の届け出を出せる人は風俗店の事務所として使用許可してくれる部屋を借りれる、持ち物件があるという事が推測されますので、例外もあると思いますし従業員の資質なんかはわかりませんが、経営者は世間一般的な社会的信用(銀行からお金が借りれる&キャッシュをそれなりに持っている)がある方という事はおおよそ推測する事ができると思います。(人格的な事は欠格事由がありませんのでわかりませんけどね‥^^;)

届け出店に関する個人的な見解

利用する女性の目線で考えると性風俗関連特殊営業届出店のいいところはこんな感じかなと思います。

・営利目的なので容姿や年齢的な事を高報酬の場合はお金で割り切るので、断られたり、いやな思いをする事を事前に回避出来る点。
・法律で処罰対象となるので本番行為を強要されるリスクが低いので絶対に本番をしたくない人はその確率をかなり上げることが出来る点。
・事前の安心というよりはなにかあった際に届け出店だとその人間の所在がわかりやすい点。
・経営者(代表)に関してはアウトローではありますがそれなりに信用できる人物である可能性が高い点。

くらいでしょうかねぇ‥^^;
(他にも法律的なものはいろいろありますが、利用する女性という事で考えると‥という感じなので割愛します。広義で性風俗関連特殊営業届出店という風に書いていますが、言い換えると僕はこう認識しているというでもあります。)

無料性感マッサージに対する個人的な見解は「性感マッサージ」という表現をサイト内に掲示する事や「店舗・屋号」を表示することで届け出を出した「無店舗型風俗店」と利用者が誤解しかねない点等が、問題になったり、やや風適法に抵触する可能性があるかなとは思いますが、個人的に女性の悩みを解決する個人のHPであれば問題はないかなという判断をしています。ただ性的な行為を行うので警察の方が把握しやすい形にしておいたほうがいいのではないかと思いましたので、別のサイトで「警察に届け出」を出して所在を明らかにし警察の方が指導しやすいスタイルにしています。提供者と論者or見込み客とのこういった事に関するやりとりは水掛け論にしかならないですし意味が無いと思っているのでこういう形態での運営に対して「けしからん!」と思われたらしかるべきところで問題提起されたほうがいいのではないかなと思います。(僕自身は警察から指導があれば是正するスタンスなので。)


※こちらの文書は所轄の警察・行政書士・弁護士に相談し個人的な見解として述べていますが、その時の世の中の状況にも左右されるのですべて断言・明言を避けています。ご利用時の判断の参考になればとは思いますが、絶対にそうという訳ではないので鵜呑みしないようにしてください。

特に無料の性感マッサージが合法か違法かについては所轄や人によっても見解は異なりますし、事件をおこしたり、警察がこれは問題だと思えば、やっている人の持論や根拠を展開しても取り締まられるときは取り締まられるのであまり意味がないです。
それ自体は抵触していなくても別の法律違反で取り締まることも可能なので覚悟と真面目に施術する事は心がけていかないといけませんね^^